今日一日、私がバカなせいで
NavMeshBuilder.BuildNavMesh();
この記述に踊らされました。

狭い通路ではNaveMesh AgentとObstacleの相性が非常に悪く、しっかり追尾してくれない。
というのが初期からの悩みだったのですが、上記の記述で毎度NavMeshをビルドしてしまえば問題ない。
というのをスクリプトリファレンスを検索している時に、発見。
機械的に必要なnamespaceを記述して、UnityEditter上で実行。
綺麗に経路探査が機能して、敵unityちゃんが追ってくることを確認。
これまで、事前にNavMeshを焼かないといけないため、付けれなかった機能を調子に乗って追加。
ひと通り完成した所でweb player用にビルド。
エラーが発生。
NavMeshBuilderがunityEditterのクラスだということを知る。
絶望←いまここ
新機能は全部NavMeshが動的に焼ける前提なので、全てご破産です。
見つけた時、喜びすぎてすっかりそういう確認をし忘れたのが敗因。

どうやら、Unityではやっぱり動的にNaveMeshを焼くことはできないみたいです。
Assetとしては、
A* Pathfinding Project Pro
が有名らしく、こちらでは動的な生成が可能みたいです。
ただ、$100ドルは出せない。